福藁

ふくわら
新年
福藁敷く/ふくさ藁

新年、門口や庭に敷く新しく清い藁。歳神を祭る場を清めるためといわれるが、年賀の客の足を汚さないためともされる。

福藁や誰取初し早苗より
嘯山 「葎亭句集」

福藁や塵さへ今朝のうつくしき
千代女 「千代尼句集」

福藁や十ばかりなる供奴
一茶 「七番日記」

ふくわらや天智の御穂の積餘り
蓼太 「三傑」

福藁に雀の下りる日和哉
正岡子規 「子規全集」

福藁や暖かさうに犬眠る
安藤橡面坊 「深山柴」                           

コメントは受け付けていません。