薺摘

なずなつみ/なづなつみ
新年
初薺/雪薺

正月七日の七草粥に用いる薺を摘むこと。初薺は正月初めて摘む薺、雪薺は雪をかき分けて摘むこと。

古畑や薺摘み行く男ども
芭蕉 「真蹟詠草」

百人の雪掻しはし薺ほり
其角 「五元集」

総角が手に手に籠や薺つみ
野坡 「続虚栗」

摘むや薺小町の墓を二めぐり
内藤鳴雪 「鳴雪句集」                           

コメントは受け付けていません。