注連貰

しめもらい/しめもらひ
新年

門松や注連飾りなど正月飾りをはずしたものを、子どもたちが貰い集めること。正月十五日(または七日)に行われる火祭の左義長、どんど焼きの燃料とする。

色里や朝寝の門の注連貰ひ
岡本松濱 「昭和一萬句」                           

コメントは受け付けていません。