貞徳忌

ていとくき 
仲冬

陰暦十一月十五日。松永貞徳(一五七一~一六五三)の忌日。安土桃山から江戸初期に活躍した。俳人であり歌人であり連歌師でもある。里村紹巴、細川幽斎らに学び、後に俳諧を文芸様式として確立させた。貞門の祖といわれる。

コメントは受け付けていません。