懐手

ふところで
三冬

和服で過ごしている時、寒さのために手を引っ込めて懐に入れることである。昔から、だらしないと見なされてきたが、和服特有の季節感がある。

コメントは受け付けていません。