名の草枯る

なのくさかる
三冬
名草枯る/枯葭/枯薊/枯鶏頭/枯萱/枯竜胆/枯葛/水草枯る

女郎花や葛、鶏頭等の名前のついている草が枯れたことを詠むことであって、「名の草枯る」という語自体を詠むことではない。

かなぐれば枝に跡あり枯かづら
杉風 「喪の名残」

まぎれぬや枯れて立つても女郎花
一茶 「八番日記」                           

コメントは受け付けていません。