火吹竹

ひふきだけ
三冬

火を熾すときに使用する竹筒のこと。一端に節を残して小さな穴を開け、反対側から息を吹き込むと息が強く吹き出るように作られている。

山寺の冬夜けうとし火吹竹
原石鼎   「花影」                           

コメントは受け付けていません。