寒念仏

かんねんぶつ
晩冬
寒行僧/七墓めぐり

寒中に太鼓や鉦を叩いて念仏を唱えながら、市中を練り歩く修行のこと。寒行として行われている。

暁の筑波にたつや寒念仏
其角 「続虚栗」

寒念仏骨から出づる声すなり
蝶夢 「草根発句集」

細道になり行く声や寒念仏
蕪村 「日発句集」

替履のうしろさびしや寒念仏
白雄 「白雄句集」

コメントは受け付けていません。