炭竈

すみがま
三冬
炭焼竈

木を蒸し焼きにして、炭を作る竈のこと。山中に粘土や石煉瓦などで築かれた。近年は少なくなっている。

炭竈に手負ひの猪の倒れけり
凡兆 「猿蓑」

炭竈のほとりしづけき木立かな
蕪村 「落日庵句集」

炭がまやぬりこめられし蔦かづら
白雄 「白雄句集」

コメントは受け付けていません。