冬の朝

ふゆのあさ
三冬
冬暁/冬曙/寒暁/寒き朝

明けるのが遅い冬の朝は薄暗く、夜の寒さがそのまま残っている。氷りついて水道が出なかったり、霜が降りていたりする。北国では一夜のうちに、家が埋もれるほど雪が積もることも珍しくない。

烏ばかり静かにならぬ冬の朝
曾良 「続雪まろげ」

コメントは受け付けていません。