雪催

ゆきもよい/ゆきもよひ
三冬
雪気/雪雲/雪曇/雪模様/雪暗/雪意

いまにも雪が降り出しそうな天気のこと。雲が重く垂れこめ、空気も冷え冷えとしてくる。

やはらかに袱紗折ったり雪曇り
才麿 「小弓俳諧集」

京まではまだ半空や雪の雲
芭蕉 「笈の小文」

草臥れて烏行くなり雪ぐもり
路通 「俳諧勧進牒」

雪ぐもり見やる僧都の御山かな
蝶夢 「草根発句集」

コメントは受け付けていません。