紫苑

しおん/しをん
仲秋
しおに/鬼の醜草

キク科の多年草。アジア北東部や西日本に広く分布。茎はまっすぐで、人の背丈ほどになる。秋に菊のような淡い紫色の花を多くつける。

栖より四五寸高きしをにかな
一茶 「寛政紀行書込」

乙鳥の行く空見する紫苑かな
道彦 「蔦本集」

夕空や紫苑にかゝる山の影
閑斎 「物見塚記」

淋しさを猶も紫苑ののびるなり
正岡子規 「季語別子規俳句集」

床の間や紫苑を活けて弓靱
正岡子規 「季語別子規俳句集」

コメントは受け付けていません。