蔓梅擬

turuumemodokiつるうめもどき
晩秋
蔓落霜紅/つるもどき

ニシキギ科の落葉低木で、幹は蔓になる。山野に自生し、五月ごろ黄緑色花をつける。豌豆ぐらいの球形の実は熟すと三つに裂け、中から黄赤色の種がのぞく。生花に用いられる。

霧ひらく山径にして蔓もどき
臼田亜浪 「石楠」

コメントは受け付けていません。