秋惜しむ

あきおしむ/あきをしむ
晩秋

去り行く秋を惜しむこと。「行く秋」よりも主観のつよい言葉である。古来から「春惜しむ」と相対する詩情とされる。

秋をしむ戸に音づるゝ狸かな
蕪村 「平安廿歌仙」

松原の秋ををしむか鶴の首
一茶 「文化句帖」

コメントは受け付けていません。