芋虫

imomusiいもむし
初秋
とこよむし/柚子坊

蝶や蛾の幼虫であるが毛虫と違って毛がない虫の総称である。芋の葉を食べる種類は雀蛾の幼虫で、体長が八十ミリほど。そのほかに柑橘類の葉を食べる揚羽蝶の幼虫もいて、こちらの体長は五十ミリほどである。

芋虫や半分蝶になりかかり
来山 「きさらぎ」

芋虫は芋のそよぎに見えにけり
太祇 「太祇句選後篇」

芋虫や殻に干さるゝ月日照
言水 「後れ雙六」

コメントは受け付けていません。