千屈菜

みそはぎ
初秋
聖霊花/水掛草/鼠尾草/溝萩/水懸草/水萩/草萩

山野に自生するミソハギ科の多年草。高さ一メートルぐらい。葉腋に淡紅紫色の六弁花を長い穂状につける。
精霊棚に水を掛けるときこの花を使ったので「禊萩(みそはぎ)」といわれる。盆花としても栽培されている。

みそ萩や分限に見ゆる髑
其角 「華摘」

鼠尾草や身にかからざる露もなし
暁台 「続あけがらす」

みそ萩や水につければ風の吹く
一茶 「文化句帖」

家遠しみそ萩つむは孤児か
幸田露伴 「露伴全集」

コメントは受け付けていません。