瓢の実

ひょんのみ
晩秋
ひよん/蚊母樹の実/蚊母樹/蚊子木/瓢の笛

実といわれているが果実ではなく、マンサク科のイスノキの葉に生じる虫瘤をいう。大きさは鶉の卵くらいになる。虫が出たあと穴に口を当てて吹くと、ひょうひょうと音が出る。

ひよんの実や聖訪はるる片折戸
文川 「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。