榧の実

かやのみ
晩秋
新榧

イチイ科の針葉樹で、高さ三十メートルにもなる。四月頃開花し、雌株に二、三センチの楕円形の実がつく。十月に緑色の外皮が紫褐色となり、裂けて種子が落ちる。独特の芳香があり、炒って食べる。

榧の実に富あらそふや八荘
悠哉 「新類題発句集」

榧の木に榧の実のつくさびしさよ
北原白秋 「竹林清興」

コメントは受け付けていません。