油照

あぶらでり
晩夏
脂照

風がなく、雲の多い、汗ばむような蒸し暑い日和をいう。炎天のからっとした暑さとは違う、じりじりとした暑さである。

堤行歩行荷の息や脂照り
沾涼 「綾錦」

ながながと骨が臥ている油照
日野草城 「旦暮」

コメントは受け付けていません。