川床

yukaかわゆか/かはゆか
晩夏
床/床涼み/納涼床

川の流れに突き出して設けた、涼みのための桟敷あるいは床几をいう。江戸時代から京都の四条河原のそれは有名であったが、今は貴船、高尾などでも料亭や旅館が桟敷を出している。夕方の暑さを凌ぐ京らしい風物である。

涼み床や下は川波上は酒
宗因 「俳諧三部抄」

顔と足白き鳥あり床涼み
信徳 「都の枝折」

儘ならばこゝに寝もせんすゞみ床
宗屋 「瓢箪集」

ゆふがほに足さはりけりすヽみ床
蝶夢 「草根発句集」

床涼み笠置連歌のもどりかな
蕪村 「五車反古」

コメントは受け付けていません。