石菖

せきしょう/せきしやう
初夏
石菖蒲

サトイモ科の多年草。本州東北以南から西に分布し、山地の渓流沿いの砂地や岩の上に自生する。葉は剣状。七月頃きいろの肉穂花序をつける。庭園や盆栽用に栽培される。

石菖の朝露かろしほととぎす
惟然  「己が光」

結ぶ手に石菖匂ふながれかな
蝶夢  「草根発句」

コメントは受け付けていません。