水飯

すいはん
晩夏
水漬/洗い飯

昔は乾飯(かれいい)を冷水に漬け食用とした。「源氏物語」にも用例がある。その後は炊きたての飯に冷水をかけたり、饐えかかった残り飯を水で洗ったものも指すようになった。

水飯にかはかぬ瓜のしづくかな
其角  「いつを昔」

水飯やあすは出てゆく草の宿
乙二  「乙二発句集」

僧来ませり水飯なりと参らせん
正岡子規 「子規句集」

水飯のごろごろあたる箸の先
星野立子「立子句集」

コメントは受け付けていません。