木耳

きくらげ
仲夏

キノコの一種。梅雨ごろから初秋にかけて朽ちた広葉樹に発生する。色は飴色がかり、形は人の耳に似ている。
又、感触が寒天質のくらげに似ているため、この呼び名がついた。中華料理には欠かせない食材である。

木耳や引窓明いて厨の日
嶋田青峰 「青峰集」

コメントは受け付けていません。