梅雨明

つゆあけ
晩夏
つゆの明/梅雨あがる/梅雨の後

梅雨が終ること。暦の上では入梅から三十日後とされる。梅雨前線が北上し、洋上に抜けると梅雨明けとなる。梅雨明け前は雷鳴を伴った豪雨となることも多く、その後は真青な夏空となる。

梅雨の後牛ほす里の堤かな
延年 「類題発句集」

入梅の明遠かみなりを暦かな
白雄 「しら雄句集」

ばりばりと干傘たゝみ梅雨の果
原石鼎 「原石鼎全句集」

梅雨あけの鎌倉くらき旋風かな
石橋秀野 「桜濃く」

梅雨明の大神鳴や山の中
日野草城 「花氷」

コメントは受け付けていません。