花氷

はなごおり/はなごほり
晩夏
氷柱(こほりばしら)

冷房が完備していなかった頃、デパートやホテルなどに見た目に美しく涼し気な氷の柱が置かれた。
色とりどりの草花が中に閉じこめられ、思わず触れてみたくなる。最近見かけなくなったが、懐かしい風物の一つ。

よる人の手に小扇や花氷
原石鼎 「原石鼎句集」

花氷花に埋もれて溶け入るよ
原石鼎 「原石鼎句集」

花氷頂の色何の影
原石鼎 「原石鼎句集」

くれなゐを籠めてすゞしや花氷
日野草城 「花氷」

コメントは受け付けていません。