麦打

むぎうち
初夏
麦叩/麦つき/麦搗/麦の殻竿/麦埃/麦打歌/麦焼き

扱き落した麦の穂を打つこと。麦は穂のまま落ちるので、さらに打って実を落とさねばならない。麦打ち棒を用いるが普通は殻竿を使う。
現在では脱穀機の作業に変わる。麦打ちで出た麦の塵を焼くことを麦焼という。

ほとほとと麦つく臼の音睡し
蝶夢 「草根発句集」

長旅や駕なき村の麦ほこり
蕪村 「蕪村句集」

麦ほこりかかる童子の眠りかな
芥川龍之介 「澄江堂句集」

麦埃赤光の星森を出づ
川端茅舎 「川端茅舎句集」

コメントは受け付けていません。