夏帯

なつおび
三夏
単帯

夏、単衣の和服の上に締める帯のことである。絽、紗、麻、塩瀬など薄手の生地に芯を入れて仕立てる。涼しげな夏柄が好まれる。博多織、紬織、綴織など始めから一重で織られる。

夏帯や鈴鹿の御祓せしめ縄
宗因  「糸屑」

嵩もなう解かれて涼し一重帯
日野草城 「花氷」

夏の帯翡翠にとめし鏡去る
杉田久女 「杉田久女句集」

たてとほす男嫌ひの単帯
杉田久女  「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。