蒼朮を焚く

そうじゅつをたく/さうじゆつをたく
仲夏
蒼朮を焼く/うけら焼く/おけら焼く

梅雨の頃、乾燥した蒼朮の根を焚くと家の中の湿気や黴を除くことができる。独特の匂いがする。蒼朮はキク科の多年草。本州、九州などの山野に自生し秋薊に似た白い花をつける。

蒼朮を隣たきゐる匂ひかな
青木月斗 「時雨」

焚きやめて蒼朮薫る家の中
杉田久女 「杉田久女句集」

蒼朮の煙賑はし梅雨の宿
杉田久女 「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。