夏の果

なつのはて
晩夏
夏果/夏終る/夏の限り/夏の別れ/夏の名残/ゆく夏/夏惜しむ/暮の夏

夏の終りである。果てる、終る、の語には物悲しい思いがつきまとう。帰省や避暑などが終わり、去り行く夏が惜しまれる。

ハタハタの溺れてプール夏逝きぬ
篠原鳳作 「現代俳句」

コメントは受け付けていません。