白南風

しろはえ
晩夏
しろばえ/しらはえ

梅雨が終わり空が明るくなった頃、南東方面から吹いてくる夏の季節風。暗い梅雨空に吹く南風を黒南風というのに対して、梅雨明けの明るい空に吹く風を白南風という。

魚簗打に出る白栄の夜空かな
大須賀乙字 「乙字句集」

白南風の夕浪高うなりにけり
芥川龍之介 「澄江堂句集」

白南風や化粧にもれし耳の蔭
日野草城 「花氷」

白栄や月さ緑に夜半の雲
原石鼎  「原石鼎全句集」

白栄や或夜の雲の霽れぎはに
原石鼎  「原石鼎全句集」

コメントは受け付けていません。