走馬灯

そうまとう
三夏
回り灯籠

箱型の木枠の内側に薄い紙か絹を貼り、中に人や動物、草木などを切り抜いた黒紙の筒をたて、中心に蝋燭を立てたもの。
熱で上昇気流が生じ、切り抜きの筒がまわり、影絵が走る様に見える。軒先などに吊るし夏の夜を楽しむ。

見る人も廻り灯籠に廻りけり
其角 「温故集」

松風にふやけて疾し走馬燈
原石鼎  「原石鼎全集」

涼しさのさびし走馬燈火をつがん
渡辺水巴 「水巴句集」

走馬燈灯して売れりわれも買ふ
杉田久女 「杉田久女句集」

走馬灯こころに人を待つ夜かな
高橋淡路女 (雲母)

コメントは受け付けていません。