水芭蕉

みずばしょう/みづばせう
仲夏

サトイモ科の大形多年草。主に中部以北の山地湿原に群生する。地下に大きな球状の根茎があり、五、六月にかけて雪白色の美し苞を持った黄緑色の花穂を出す。葉は芭蕉に似ている。

コメントは受け付けていません。