乾飯

ほしいい/ほしいひ
晩夏
糒/道明寺/引飯/干飯

飯を天日で乾燥したもの。かれいいとも云う。湯、水、に浸して食したり、炒って食べる。特に熱い夏に冷水をかけて食することが好まれた。又、餌袋に入れ携帯用の飯とされた。道明寺の尼僧が作り始めたことにより「道明寺」とも呼ばれた。

水むけて跡とひたまへ道明寺
芭蕉 「江戸広小路」

蜑の子にたふとがらせん道明寺
嵐雪 「渡鳥」

けふの日も庭木影落つ干飯かな
河東碧梧桐 「碧梧桐句集」

貯へて風入るゝ日や道明寺
河東碧梧桐 「碧梧桐句集」

コメントは受け付けていません。