罌粟坊主

けしぼうず/けしばうず
晩夏
芥子坊主/罌粟の実

罌粟の花の散った後につける球形の実のこと。茎頭に青緑色の実がつき、やがて熟して黄色になると、上部の穴から小さな種を放出する。薬味として用いられる。種は非常に小さいもののたとえに使われる。

けしの花余り坊主になり易き
正岡子規 「子規句集」

夕暮や芥子の坊主の又殖ゆる
長谷川零余子 「雑草」

ぎざぎざの葉に雨一つ芥子坊主
原石鼎 「原石鼎全句集」

地を這ふて曲る茎あり芥子坊主
原石鼎 「原石鼎全句集」

芥子坊主一つ出来たる淋しくや
松本たかし 「石魂」

コメントは受け付けていません。