葛水

くずみず/くずみづ
三夏

葛粉に砂糖を入れて葛湯を作りそれを冷した飲み物。酒毒を消し、胃腸をととのえ、渇きを止め汗の出るのを防ぐ効能がある。

葛水や入江の御所にまうづれば
蕪村 「夜半叟句集」

宗鑑に葛水給ふ大臣かな
蕪村 「蕪村句集」

葛水や鼻の下行く吉野川
宗因 「橋立案内志」

葛水の臍のあたりをめぐりけり
荷兮 「新華摘」

葛水や四阿へ灯を運ばしむ
原月舟 「月舟俳句集」

葛水の冷たう澄みてすずろ淋し
村上鬼城 「定本鬼城句集」

葛水や顔(かんばせ)青き賀茂の人
渡辺水巴 「ホトトギス雑詠選集」

葛水に高足師より老いにけり
高田蝶衣 「ホトトギス雑詠選集」

葛水や高麗に住むともなきゆふべ
清原枴童 「ホトトギス雑詠選集」

コメントは受け付けていません。