漆掻く

うるしかく
仲夏
漆取る/漆掻き

漆の樹皮に傷をつけ、漆の液を採集すること。六月から七月にかけて採られた漆が上質とされる。

空あかり桜の木間漆かき
野坡 「野坡吟草」

間道は知れど語らず漆掻
巌谷小波 「さゞ波」

谷深うまこと一人や漆掻
河東碧梧桐  「碧梧桐句集」

コメントは受け付けていません。