noboriのぼり
初夏
五月幟/菖蒲幟/鍾馗幟/紙幟/絵幟/初幟/外幟/内幟/幟竿/幟杭/幟飾る

五月五日の端午の節句に、男子のすこやかな成長を願って立てる細長い旗状のもの。家紋や武者絵などが描かれており、高さが十メートルに及ぶものもある。

ものめかし幟の音に沖も鳴る
来山 「津の玉柏」

家ふりて幟見せたる翠微かな
蕪村 「新花摘」

幟出す雨の晴れ間や時鳥
許六 「柿表紙」
斎に来て幟うらやむる小僧かな
召波 「春泥発句集」

大幟百万石の城下かな
正岡子規 「子規句集」

我高く立てんとすなる幟かな
河東碧梧桐 「碧梧桐句集」

コメントは受け付けていません。