独楽

こま
新年
叩き独楽/無精独楽/貝独楽/唐独楽/半鐘独楽/ごんごん独楽博多独楽/銭独楽/曲独楽

正月の男子の玩具の一つ。円錐状に削られた木製の胴に、先のとがった軸を通し、その軸に紐を絡め回転させて遊ぶもの。屋内遊びの歌留多や屋外の羽根つきなどと並んで正月遊びの代表的なものの一つ。

松かさや廻さばこまに廻るべく
其角 「五元集拾遺」

力尽きたる色独楽の色わかれゆく
加藤楸邨「まぼろしの鹿」

コメントは受け付けていません。