初山

はつやま
新年
山初/山始/初山入/初山踏/若山踏/初登/山誉め/二日山/のさかけ/烏呼

新年になって初めて、山に入って仕事をすること。山神に酒や米などを供えて一年の仕事の無事を祈念する。

初山の頂に立つ男かな
原石鼎  「花影」

岩にあてしむる草鞋や山始
西山泊雲 「ホトトギス雑詠選集」

コメントは受け付けていません。