着衣始

きそはじめ
新年

新年になつて新しい着物をきること。三が日の吉日を選んで行われた。江戸時代からの習わし。

着そはじめ咲くや難波の梅の花
杉風 「杉風 句集」

我が裾の鳥も遊ぶやきそはじめ
千代女 「千代尼句集」

雪車引や揃ふ小蓑の着そ始    
一茶 「九番日記」

福藁の塵はいとはじ著衣始
春波 「発句題叢」

母方の紋めづらしやきそ始
山蜂 「続猿蓑」

コメントは受け付けていません。