弓始

ゆみはじめ
新年
射場始/的始/弓矢始/射初/初弓

新年に初めて矢を射ること。現在は、神社で正月の神事として行なわれることが多い。

やつこ茶屋春の勢や弓初
許六 「旅館日記」

手ごたへの雲に花あり弓はじめ
蕪村 「自画賛」

雪掻きて小弓はじめや村すずめ   
素丸 「素丸発句集」

一ぱいにはれきる山や弓始
一茶 「享和句帖」

弦音に松の響くや弓はじめ
羊几 「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。