鏡開

かがみびらき
新年
鏡割/お供へくづし

新年、供えてあった鏡餅を下ろして食べることをいう。普通は一月十一日に行われる。

伊勢海老のかがみ開きや具足櫃
許六 「正風彦根躰」

わが庵の鏡ひらけよ鼠ども
蝶夢 「草根発句集」

うれしさや養君のかがみ割り
召波 「春泥発句集」

コメントは受け付けていません。