にな
三春
みな/河貝子/海蜷/川蜷/磯蜷/蜷の道

長さ三センチほどの細長い巻き貝。淡水産は川蜷、海水産は海蜷と種類が異なる。俳句に詠まれるのは前者が多い。その這った跡が道のように残るので蜷の道と呼ばれる。

竹の根のもつるる水や蜷結び
誦箒 「新類題発句集」

砂川の蜷に静かな日ざしかな
村上鬼城 「定本鬼城句集」

杭の蜷ほろほろ落つる夕日かな
松本たかし 「松本たかし句集」

コメントは受け付けていません。