二月

にがつ/にぐわつ
初春

上旬に立春を迎えはしても、厳しい寒さの続く時節。冷たい空気の中、日ざしはすこしづつ春を感じさせるようになる。

花の咲く木は閙がしき二月かな
支考 「蓮二集」

燕に賑ひそめる二月かな
蓼太 「蓼太句集三篇」

二ン月や天神様の梅の花
一茶 「七番日記」

鴨減りて水のさびしき二月かな
樗堂 「萍窓集」

栴檀のほろほろ落る二月かな
正岡子規 「子規句集」

コメントは受け付けていません。