ひさかきの花

ひさかきのはな
晩春

山地に自生するツバキ科の常緑低木で高さ一メートルほどになる。サカキに似ているが、葉の縁に細かいのこぎり葉のある点が異なる。漢名を「野茶」という。

コメントは受け付けていません。