受難節

じゅなんせつ
晩春
受苦節

復活日の四十日前の水曜日からはじまり、復活日の前日までを受難節という。十字架にかけられた主の受難を思いつつ、自らを律する日々である。

コメントは受け付けていません。