歳徳神

としとくじん
新年
歳徳/年神/若年様/正月様/年爺さん/お年さま/歳徳棚年棚/恵方棚/豊年棚/年俵

新しい年があけると、その年の新しい神様がやっくるとされ、陰陽家ではその神様を年徳神・年徳と呼んだ。この神の来訪する方角(恵方)に向け棚を吊り、注連縄、小松、鏡餅、神酒など供えた。

火の数や年徳棚のにぎやかさ
鬼貫 「よるひる」

年神に樽の口ぬく小槌かな
其角 「雑談集」

灯や恵方の棚の松のかげ
方壺 「新類題発句集」

年棚や鏡に通ふ嫁が君
柳也 「新類題発句集」

あばら家も年徳神の御宿かな
一茶 「七番日記」

年神に御任せ申す五体かな
一茶 「八番日記」

浮橋の居りごころや神の棚
元夢 「千題集」

コメントは受け付けていません。