どくだみ

どくだみ
仲夏
どくだみの花/十薬

ドクダミ科多年草。茎の高さ十五~三十五センチ。地下茎で広がる。四枚の白い花びらと見えるものは苞で、花はその中心に立つ穂である。葉はハート型で臭いが強く、十薬名の通り民間薬として利尿剤皮膚病など広く用いられてきた。

十薬や夏のものとて花白し
鳳朗 「鳳朗発句集」

どくだみや真昼の闇にしろ十字
川端茅舎 「華厳」

毒だみや十文字白き夕まぐれ
石橋秀野 「桜濃く」

コメントは受け付けていません。