玉蜀黍の花

toumorokosinohanaとうもろこしのはな/たうもろこしのはな
晩夏
唐黍の花/南蛮の花

熱帯アフリカ原産。イネ科の一年草。雌雄異花で夏の終わりの頃、茎頂に薄に似た大きな雄花をつける。雌花は葉腋上の苞の中から赤毛状の花柱を長く垂らし、雄花が風に飛ばした花粉を受ける。

コメントは受け付けていません。