田植唄

たうえうた/たうゑうた
仲夏
田唄/早乙女唄

瑞穂の国といわれるほどに、みずみずしい稲穂の育つ景色は、日本人の原風景といえよう。稲は聖なるものとされ、田植も神事としての側面をもって続けられてきた。お田植神事にともない派生したものが田植唄。機械化で、これらの情緒は乏しくなったが、伝統芸能として今も保存されている。

風流の初めや奥の田植歌
芭蕉 「奥の細道」

腰折は植うる田歌の姿かな
重頼 「犬子集」

午の貝田うた音なく成りにけり
蕪村 「新花摘」

雇はれて老なるゆひが田歌かな
几菫 「井華集」

そぼふるやあちらこちらの田植歌
正岡子規 「子規句集」

コメントは受け付けていません。